岡山、倉敷で家族と健康に暮らす天然素材の住宅をつくります。

天然素材で健康住宅を作る 清活畳

竹炭と新技術で保つ、清々しい室内環境。

畳の中に竹炭を入れた清活畳。竹炭が持つ「マイナスイオン」「保湿断熱」「脱臭」の効果を存分に発揮します。
清々しい空気を作り出し、マイナスイオンの発生によりストレスを抱える方のリフレッシュ効果があるといわれています。

「清々しい空気の家に住みたい」そして健康でありたい

使っている竹炭の量は、6畳2間でドラム缶1本分!

畳の中に竹炭を入れ込んだ清活畳。下の図のように、畳の中央に竹炭をたっぷり入れています。その量は6畳2間でドラム缶1本の量。 また、表替えは何度でも可能ですので後々のメンテナンスも心配いりません。もちろんアレルギー体質のお子様にも安心してお使いいただけます。
サイズは、1畳、半畳とも選択できるため好みに合わせたレイアウトが可能です。

  • 清活畳断面図
  • 竹炭
清活畳の種類
  • 縁あり畳
  • 琉球畳

炭の素晴らしい効果とその活用

「炭は良い効果を持つ」というのは昔から知られていることですが、一体どのような活用がなされてきたのでしょうか。皆様に興味深いお話をご紹介します。 1972年、中国の湖南省長沙市で約2,100年前の「馬王堆古墳」(マオウタイ)が発見されました。発掘現場で約2,100年前の棺を開けたとたん、出てきたのはミイラではなく、まるで数日前に亡くなったような状態の遺体だったそうです。発見当時の所見ではなんと死後4日後の遺体と同じ状態であると判断されました。
内蔵もしっかりしており、亡くなる数時間前に食べたと思われるアマウリの種が176個見つかったのだとか。しかも種を土に植えたところ完全に発芽したというのですから驚きです。とても信じがたい事実ですが、その理由・原因を示すものが炭なのです。古墳の周囲にはなんと5トンもの木炭が埋められていたのです。生命体を長期の間、清潔な環境に保つ炭の驚くべきパワー!2,100年以上も昔からその効果は人間と深い関わりがあったのですね。(記事参照)

関連記事※画像クリックで拡大表示します。

竹炭の力を生かした「清活畳」

竹炭をふんだんに使う事で、竹炭の持つ「保湿作用」「断熱作用」「消臭作用」「マイナスイオン発生作用」といったパワーをそのまま畳でも実現できたのです。

清活畳 4つのメリット

  • 1,保湿・断熱効果で、夏涼しく冬暖かい部屋に。冷暖房費を節約できます。
  • 2,室内の温度を調整し、カビ、細菌、ダニ等の発生を抑えます。
  • 3,脱臭効果でお部屋の清々しい空気を保ちます。
  • 4,マイナスイオン効果で安眠と目覚めを健やかにします。

ストレスをリフレッシュする竹炭のマイナスイオン

竹炭の詳細

竹炭を選ぶ理由として最も注目しているのが、驚異的な化学物質の吸着力!

備長炭と比べても約10倍その効果に優れているといいます。竹炭の断面には、数ミクロンの無数の穴が開いています。その穴ひとつひとつには、有能な微生物が棲んでいます。この微生物の働きにより、空気中のタバコやペットなどの臭いをはじめ、家具や家電などから発生する化学物質のガスなどを吸着してくれるのです。そして吸着した化学物質を分解し、清潔な空気環境を保ってくれるのです。
また、半永久的に発生する『マイナスイオン』は、自己治癒力を高め、免疫機能・新陳代謝を促進。ストレスを抱える方のリフレッシュ効果・脱臭効果・電磁波の無害化などの効果があるといわれ、

あなたの健康につながります。